体調管理は普段から

ランキング応援をお願います

昨日、晩御飯を食べていたときのことです。

晩御飯のメニューは「麻婆豆腐」で青ティの最も得意な料理です。
チリ太郎も麻婆豆腐が大好きなので、いつもならおかずもご飯もおかわりで…といくところ、何となく食の進みがよくありません。

横目で見ていた私は、「(様子がおかしいな)」と思っていたのですが、

しばらくしてチリ太郎が

チ:「ちょっと、お腹が痛いかも…。」

と言い出したので、夕食後の勉強予定も全てキャンセルして休ませました。

幸いにして、しばらく休ませたら腹痛も治まったようで、

チ:「なんだろう、ガスだまりかなぁ…。」

なんて話していたのですがね。
食生活、ストレス、いろんな要因によって体調不良は起こりますので、休む時は休んで心身を正常に戻すことが重要です。

本当に、そういうときには、

「勉強の遅れなんて気にせず休め」

です。

チリ太郎は基礎体力もある方ではありませんし、体も丈夫というわけではありません。
ですので、普段の体調は親がしっかり見てあげる必要があります。
もちろん、勉強の負荷(ストレス)も込みで考えなければいけません。

幸いにして、チリ太郎は素直な性格であり、我慢強い性格でもありませんので、体調に異変があるときはすぐに口にします。

見方を変えれば、「ヘタレ」とも言えますが、我慢された上にパンクしてしまうよりはるかにマシなので、親としてはこちらの方が管理しやすくてよいと思っています。
(我慢強さは中学・高校で身に付けてくれ!)

少し話は変わりますが、3/14にはZ会の到達度テストに取り組む予定です。

他の集団指導塾では3月初旬に新6年生最初の組分けテストが行われたと思いますが、チリ太郎にとっては、この到達度テストがベンチマークになります。

別にクラスの昇降があるわけではないので緊張することもないのですが、ここまで進めてきた学習の成果が良い形で表れてくれたらと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする