NN駒東オープン模試を受験

ランキング応援をお願います

昨日は早稲田アカデミーのNN志望校別オープン模試(第1回)がありました。
以前、説明会に参加した記事を書かせていただきましたが、チリ太郎はNN駒東オープン模試を受験しました。

朝、チリ太郎を会場である早稲アカ三軒茶屋校に送り、一旦帰宅してもよかったのですが、あまり行かない場所なので、しばらく街を散策してみることにしました。
(9時~12時までは近隣のカラオケ「まねきねこ」で過ごしました。)

街をフラフラしてみると、通りを歩く人の風体も朝方と昼間ではまるで違う印象で、なかなか面白かったです。
細い路地にたくさんのお店が並んでいて、建物自体は古いものが多いようでしたので、街として「きれい」とか「お洒落」という印象はありませんでしたね。

さて、チリ太郎のテストの出来ですが、チリ太郎の感想によると、

国語:またしても記述問題が空白になってしまった。
算数:いくつかミスがあり、小問最初の勘違いが後に連鎖してしまうなど、結構失点していそう。
理科:星座の問題も出たけど、適当に答えておいた。(空白にはならなかったという意味)
社会:まあ、それなりにできた。社会も記述問題が多かったような。

ということで、得意の算数で点が取れていないとすると、なかなか厳しそうですね。
しかし、理科や社会がそれなりにできるようになってきたのは良い傾向です。

もちろん、今の時点でよい判定が出て、それを維持し続けられればベストなのですが、チリ太郎の場合、「まだまだ努力が必要」という結果が出てくれた方が、今後の勉強が進めやすい気がします。

結果が出ましたら、また記事にしたいと思います。

そうそう、オープン模試の後、1時間程度の解説授業があったのですが、先生に聞いてみたら「保護者の方も教室外から見ていただける」とのことでしたので、見ていくことにしました。(保護者の方は5、6人しかいませんでした…)
解説授業は算数と国語のみでしたが、なかなかわかりやすい解説で、かつ、説明にキレを感じましたね。
こういう先生方に教えていただくのですから、NNの実績が上がるのも頷けます。

ただ、家に帰ってからチリ太郎に解説授業の感想を聞いたところ、

チ:「ちょっとさ、説明が早くて計算が追いつかなかったよ。」

とのことでした。

限られた時間の中での解説なので、途中の計算などはサラッと進めていましたが、実際の授業でも、そんな計算時間を考慮したスピードなどでは進まないでしょうから、そういう部分で置いて行かれる子っているだろうなと思いました。

チリ太郎も、遅くとも秋の志望校対策講座は受けさせたいと思っていますので、そういう集団授業のスピード感みたいなところは、慣れる期間というのを考えておかなければいけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする