得手不得手

ランキング応援をお願います

正直、在宅勤務って向き不向きがあると思います。

いえ、業種の話ではなく、人の性格やスキルの話です。

我が家の話をすれば、妻は緊急事態宣言が出る前も、在宅勤務が多い環境でした。
しかし、その働きぶりを見ると、本当に一生懸命やっていますし、実際に出社して業務をこなしているのとそん色ないのだろうなぁと感じさせます。
また、1日の仕事が終わらないと、下手したら1日中業務用のPCを触っています。

方や、青ティはというと、家にいると仕事をする気が完全に失せてしまう性格です。
会社でやれば1時間程度で終わる仕事を、自宅で4時間くらいモタモタと取り組み、そして終わらせない。
「まあ、在宅勤務だからこんなものだ」
と開き直ってます。

わかっています。
在宅勤務に向く人というのは、最低限、メールやオンライン会議などを苦にしないスキルを持っています。
青ティの場合は、そこに精神的なハードルがかなりありますし、スキル的にも、妻から見れば完全なITオンチです。

緊急事態宣言の影響で会社の労働環境が変わりそうですが、私は在宅勤務が嫌なので、

「在宅勤務するくらいなら、全部有休にするぜ」

と宣言したいくらいです。(体よく休暇を取りたい)

ただし、子供の家庭学習という面においては、私の方が活躍します。
それはそうです、最初から子供>仕事という不良サラリーマンなのですから。

妻はその点非常に真面目ですので、チリ太郎が同じ場所(居間)で勉強をするのを、

「仕事の邪魔だ!」

と言ってものすごく嫌がります。

まあ、そういう意味では夫婦でうまくバランスが取れているのでしょうかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする