早稲アカNN駒東説明会の感想

ランキング応援をお願います

昨日は第2回学校別NNオープンテストでした。
以前の記事でお伝えしましたように、当日は妻と私でチリ太郎を早稲アカ三軒茶屋校に送った後、説明会に参加しました。

テストの集合時間が8:50で、説明会の開始時間が9:30と少し時間があったため、先日私が下見した、世田谷学園に立ち寄りつつ、妻と会場まで歩きました。(説明会の会場は池尻大橋駅が最寄の会議場でした)

そんな風にのんびりと会場に向かったため、我々が会場に着いたのは9:28頃で、用意された席も9割方埋まっており、後ろの席しか空いていないという盛況ぶりでした。
用意された座席の数と埋まり具合から推計して、だいたい80~90名くらいの保護者が参加していたでしょうか。我々と同じように、夫婦で参加されているご家庭もあるようでした。

今回の説明会は11:30までの2時間用意されていたのですが、説明の内訳としてはだいたい以下のような感じでした。
・駒場東邦中学受験における教科別説明(国語):1時間程度
・国語以外の3教科の説明:30分程度
・NNクラスの今後の予定等:30分程度

それぞれについて、差し障りの無い程度に概要と感想を残しておきます。
(詳しく書いてしまうと問題があると思いますので、印象に残った部分のみ書きます)

〇教科別説明(国語)
・駒東の国語の配点を推測したとき、基本問題(漢字・語彙、抜き出し等)と応用問題(記述問題)が半々くらいと思われる
・国語が苦手な子でも、基本問題で8割、応用問題で5割とれれば合格者平均点に届く。
・漢字は基本的なものを夏までに終わらせる必要あり。
・記述問題は、その子なりに書いたものに対して少しずつ精度を上げるような指導を。(いきなり模範解答を目指しても無理)

(感想)
国語はチリ太郎の最大の課題になりそうな教科なので、妻と一緒に話を聞けてよかったと思いました。とても参考になる内容でした。
説明の半分以上を記述問題対策、指導の仕方に割いておられましたが、注意するポイントや、どういう段階を踏むかなどを教えていただきました。

〇国語以外の3教科の説明
・教科ごとの説明は後日(第3回・4回オープンテスト時)用意されているため、駆け足での説明でした。

(感想)
第1回のNN保護者説明会で聞いた内容が大半でしたが、持ち時間が少ないなりに、伝えたいことを絞ってお話いただけたと思います。
各教科とも、NNでの進め方や教材の使い方、復習の仕方などにも触れてくれましたので、個別に質問にいかずに済みました。

〇NNクラスの今後の予定等
・7月・8月のNNオープンで後期の受講資格を出す
・夏休みには「夏期集中特訓」があり、NNも開設予定。
・夏期集中特訓では、5日間の日程の中で模試5回分の演習をこなす。
・今年も11/23に(おそらく)駒東を会場とした特別講習を開催できる

(感想)
詳細は未定ですが、下記集中特訓にはNN枠もあるのだと初めて知りました。
でも、サピックスの夏期講習の日程とは被っているみたいなので、参加できるのは早稲アカメインの方だけなのかもしれません。
また、11月23日の講習について、受験校を会場としたイベントはコネのある大手塾だからこそ実現できるものですので、率直にすごいなぁと思います。
人によっては、そういう学校と塾のつながりを怪しむ方もいると思いますが、私は細かいことは抜きにして、「参加したい」という保護者や受験生が思うなら、是非参加してみるべきかなと思います。
私は参加したいと思いますけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする