全統小テスト(小5・11月)結果

ランキング応援をお願います

先日、全国統一小学生テスト、5年生・11月の成績を受領してきました。
受験会場としていつもお世話になっている早稲アカさんで、結果の受領とともに、学習カウンセリングも受けてきました。

受験日:2020.11.3
会 場:早稲田アカデミー最寄り校舎
受験教科:4教科
成績:
算数:146/150点 (偏差値71.5)(平均点92.5)
国語:102/150点 (偏差値59.4)(平均点79.2)
理科:64/100点 (偏差値54.8)(平均点58.0)
社会:76/100点 (偏差値61.6)(平均点55.3)

4教科:388/500点 (偏差値65.5)(平均点287.0)(受験者28,207人)
※偏差値、平均点、受験者数は全て全国の受験者の数値

短評:
・4年6月 偏差値64.6
・4年11月 偏差値58.4
・5年6月 偏差値65.8
・5年11月 偏差値65.5
 点数的には400点目標でしたが、及びませんでした。
偏差値的にも前回比較で微減ですが、65を超えていますので、褒めてよい出来でしょう。

教科別短評
【算数】
・146点は教科別で全国12位だそうです。これより上は満点なのでしょう。
・できたとは言っていましたが、ここまで良いとは思いませんでした。勉強の成果が出ていると思いたいですね。
・最終問題のみ失点しました。恒例の正答率1%を切る超難問でしたが、チリ太郎も回答を見て悔しがっていました。

【国語】
・マークミスで2問失点していましたが、2点×2問なので、全体に影響を与えるほどではありません。
・今回は語句に関する知識でも、小学生には難しいかなと思われる問題があり、まんべんなく失点していました。
・物語文の人の心情を読み取るような問題は、相変わらず苦手です。

【理科】
・好きな教科のはずですが、成績は一番悪かったです。
・テスト終了時から、「最後の磁石の問題が意味がわからなかった」と言っていましたが、この大問でかなり失点していました。
・上記は、実験の条件を正しく読み取れていなかったことが原因でした。「おかしい。意味不明だ」と思った際の対処がうまくできなかったようです。しっかり読み直せば十分理解できたはずですが、テストという環境では、一度考え違いをしてしまうと、簡単な間違いにも気づけないことがあります。

【社会】
・大健闘でした。テスト範囲は地理などが中心だったので、通塾の効果があったと思いたいです。
・サービス問題で、いくつかの野菜の写真の中から、「レタス」を選ぶ問題があり、チリ太郎が大ウケしていました。でも、全体の正答率は80%を切るくらいで、驚きました。(スーパーや八百屋に行かないのでしょうかね?)

今回、結果の受領は私と妻だけで行き、チリ太郎は連れていきませんでした。
過去、学習カウンセリングにチリ太郎を同席させたとき、早稲アカの先生は、「お子さんもご一緒でしたか」という反応でしたので、大人だけの方が話しやすいのだと思ったからです。

学習カウンセリングではいろいろお話できましたので、明日はそのことについて書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする