青散歩①

ランキング応援をお願います

早稲アカのNNとサピックスのSSを比較したときに、大きく異なる点の1つに、開催教室の違いがあると思います。
早稲アカのNNは特定の校舎(多くはその志望校の最寄の早稲アカ校舎)で開催されるため、人によってはそれなりの時間をかけて通塾する必要があります。

我が家の場合、NN駒東が開催される早稲アカ三軒茶屋校まではそれなりに時間がかかります。(1時間程度)
また、チリ太郎は1人で電車を使って移動するという経験が少ないため、しばらくの間は送り迎えが必要になります。

4月25日はNN前期の2日目。
我が家では送り役と迎え役を妻と私で分担しようという話になっています。

青:「送りでも迎えでも、好きな方をどうぞ。」

妻:「夕方行くのもだるいし、朝にするか。」

青:「そうすると、僕が夕方迎えだね。」

妻:「いや待てよ、そうすると私が夕飯を作らなきゃいけないじゃないか。」

青:「そうなるね。」

妻:「よし、夕方迎えに変更しよう。朝の送りと夕飯をよろしく。」

というようなやりとりがあり、私がチリ太郎の朝の送りをすることになりました。

しかし、せっかくの休日に1時間かけて電車移動して何もせずに帰ってくるのももったいない気がしましたので、三軒茶屋から駒場東邦中学の周辺まで歩いてみることにしました。

<青ティ散歩>

〇コース
早稲アカ三軒茶屋校→(三軒茶屋駅)→池尻大橋駅(東急田園都市線)→駒場東邦中学→筑波大学付属駒場中学→駒場東大前駅(京王井の頭線)

〇目的
・池尻大橋から駒東に行くルートを知る
・駒東の近くにあるはずである筑駒がどこにあるのか知る

駒場東邦中学の最寄駅は駒場東大前駅と池尻大橋駅の2駅あり、どちらからも徒歩10分程度ですが、青ティ家からは駒場東大前駅が近く、以前、駒東の学校見学会に参加した際は同駅を使用しました。
今回のような機会はあまりないでしょうから、池尻大橋から行くルートを見てみようと思いました。
また、筑駒の位置を知るというのは完全な興味本位なのですが、一目見ておくとなんだか頭が良くなりそうな気がするので、立ち寄ってみたいと思いました。

散歩スタート!!

三軒茶屋駅から池尻大橋駅までは電車で1駅2分程度の距離です。
上を首都高3号線が通る世田谷通りをまっすぐ進むだけの大変わかりやすいルートですが、歩くと20分ほどかかります。

世田谷通りにはそれなりにお店があったりして楽しいです。
今回は地図上で確認しただけでしたが、この三軒茶屋と池尻大橋の中間点あたりに私立の人気校の1つである「世田谷学園」があります。
(HPを調べたら、三軒茶屋から徒歩10分と案内されていましたが、ほぼ同距離の池尻大橋は案内されていませんでした…。)

池尻大橋駅周辺は三軒茶屋ほど栄えている感じはありませんでしたが、中高生が通学するには程よい感じ。お店もそれなりにあります。

駒場東邦方面へは緩やかな登り坂になっています。
確か、駒場東大前駅からもわずかに登り坂だった気がしますので、駒場東邦中学の立地は小高い場所にあるってことですかね。

池尻大橋側から歩く途中には特に目立つ建物はありませんが、東邦大学医療センター大橋病院を発見しました。

駒東の学校案内で時々目にする「ブラックジャックセミナー」の会場になる病院ですが、さすがに近いですね。

ちなみに、青ティは方向音痴である上に地図をしっかりと見ない性格であり、そのことで妻によくしかられます。
今回も、池尻大橋から駒東までの約10分ほどの経路で道を間違えました。
(が、そのまま進みます。間違えたなりに裏口でもないか調べようと思いました。)

私が知っている駒東の入り口は正門の1箇所しかないのですが、間違ったルートを進むと正門とは反対側に進んでしまいます。
しかし、大抵の学校には2つ以上の校門があるでしょうから、正門の反対に入り口がないか確認してみることにしました。

封鎖されていましたが、メイン以外の入り口を発見しました。こちらが使えれば、池尻大橋からはこちらの方が近そうですね。(普段、使用されている門なのかはわかりません。)

駒東の校庭からはテニス部がボールを打つ音が聞こえます。
その外周路を歩いて進むと、警察か何かの寮を通り過ぎたあたりでサッカー部が活動する声に変りました。

「声の感じから、試合か何かしてるのかな…。」

と思っていたら、知らない間に筑駒の校庭沿いに来ていました。

筑駒の正門に到着。

なるほど、駒東と筑駒はほぼお隣といえる近さですね。ただ、両校の正門は離れているので、入り口の距離感からは隣接しているように感じられません。

ただの散歩記事のはずが、随分と長くなってしまいました。
読み進んだ皆様、申し訳ありません。次回に続きます…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする