激戦は続く

ランキング応援をお願います

学校説明会・見学会の申込ですが、想像以上に競争が激しいですね。

私が体験したのは、9/23の麻布中学学園説明会の申込。
(9/24の武蔵中学学校説明会の申込はリサーチ不足で意識していませんでした。)

10時からPCの前にスタンバイしていたのですが、10分くらいで満員になってしまいました。

事前にオンライン申込の事前登録なども済ませていたのですが、実際に申込をする枠が小分け(定員7名)になっており、その枠を選択した後に個人情報を入力して、確定させる頃にはもうその枠が埋まっており、次に空いている枠を探して枠を選択して…
と同じ作業を繰り返しているうちに全ての枠が埋まってしまいました。

何とも言えない徒労感。
妻にダメだったと連絡したところ、「コンサートのチケット争い並みだな」とのこと。

私はこういう「先着争い」的なものは経験が無くて、なんだかショックが大きかったです。

一方、超ローテクな「往復はがき」での申込だった都立南多摩中等教育学校の学校見学会は、無事、当選のお知らせが来ました。
公立教育で育った私からすると、「学校系の行事は公平を期すために抽選で」という考え方の方が馴染みがあります。

先の麻布中学のように、先着争いでは、今後、全く勝てる気がしないなぁなんて思っていたのですが…。

駒場東邦中学のサイトを眺めていたら、8/1に申込開始ですぐに埋まってしまった学校説明会の枠に空きがでていました。
キャンセルが出たところににタイミングよく遭遇したのかと思いましたが、どうやら、キャンセルの問合せ電話が多すぎて、急遽、見学会の枠を各日10名ずつ増やしたようですね。(9/25のお知らせに書いてありました。)

麻布中学は9/23、武蔵中学は9/24に学校説明会の申込を開始して即満員に達してしまいましたが、諦めずにチラチラ眺めていれば、キャンセルや増枠が出たところに遭遇するかもしれません。

まあ、頻繁に確認する作業の方が、ものすごい徒労感を伴うこと間違いなしなのですがね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする