お出かけしながら勉強?!

ランキング応援をお願います

もう先週の話になってしまいましたが、
連休を利用して、青ティ家の秋の恒例行事となっているぶどう狩りに行ってきました。

例年は電車で勝沼ぶどう郷駅まで行くのですが、今年はカーシェアを利用しました。
新型コロナ、現地での移動、持ち帰りのぶどうの運搬を考えると、少し費用はかかりますが、車の方が利便性が高いです。

チリ太郎は車酔いするので、旅行などで車移動する際は、ゲームや読書などをせず、移動中ひたすら後部座席でゴロゴロしています。
音楽の趣味でもあればよいのですが、両親と違って音楽で盛り上がるということもありません。

しかし、今回は青ティが一計を案じました。
聞くだけで一気にわかる

「聞くだけで一気にわかる日本史」(馬屋原吉博著)

この本に付いているCD(2枚)は、長さもトータル2時間くらいで、内容も初心者向け。チリ太郎にはちょうどよい教材です。
我が家は車を使用する機会が少ないのですが、車を使用されるご家庭にはお勧めです。

実は、こういう「聞く」系の教材は、結構前から探していたのです。
苦手な教科というのは、参考書を読んだり、問題を解いたりということが苦痛であることがほとんどです。
そういう場合、学習のハードルを下げるために、DVDを見るだけとか、CDを聞くだけというように、少しでも負荷が軽い方法を選択する必要があると思います。
チリ太郎の場合は、社会がまさにそういうケースに当てはまります。

それで、実際のところはどうであったかといいますと、
このCD、めちゃくちゃ活躍しました。
なぜなら、ご存じのように連休中の外出のため、大渋滞に巻き込まれ、車内にいる時間が予想以上に長くなったからです。

10月初旬にあるZ会到達度テストの社会では、旧石器時代から江戸時代までの歴史が範囲に入っています。
このCDがきっかけになって、歴史の流れくらいは頭に入っててくれるとよいのですが…。

「あのとき車の中でさんざん聴いたやつだ」みたいな感じに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする