写真も一発勝負

ランキング応援をお願います

日曜日、チリ太郎がNNに通っている間、夫婦揃って免許更新に行ってきました。

本来、妻と私の更新月は離れているのですが、妻は延長手続きをとっており、暇なら一緒に行くかということになりました。

2人とも優良更新なので、講習時間は30分程度ですが、それでも免許センターまでの移動、申請手続・講習受講・免許発行まで考えるとAMいっぱいかかりました。
(休日で混んでいたこともあるかもしれません)

免許を受け取った帰り道。

妻:「いやー、写真、失敗したなぁ。不本意だよ。」

青:「そう?」

妻:「今回は目が変になってしまったし、髪型もなぁ…。チェック用手鏡を持参したのに、流れ作業でチェックする時間が無かったなぁ…。」

青:「まあ、あの流れ作業の中での一発勝負だからね。そんなものだと割り切るしかないでしょ。」

妻:「そうなんだけどさ、今後5年も使うものだから。取り出すたびに残念な気持ちになるのは嫌じゃないか。」

青:「同じように不満に思ってる人は多いかもしれないけど、一方で1人にそんなに時間をかけられないことはわかってるよね。みんな同じ条件だからってことで納得するしかないよね。」

妻:「まあ、『これでいいですか?』なんて聞いていられない事情もあるだろうけど、不本意だなぁ。思えばその前も、もっと言えば最初の免許の時も納得がいかなかったんだよなぁ…。そのタイミングで撮るかっていうね…。」

青:「いや…、そこまでいってしまったら、写ったものが自分の実力ってことなんじゃない? そんな奇跡の1枚を免許写真に求められてもねぇ…。」

妻:「なんだとー!」

青:「なんだかさ、話を聞いてたら受験の話みたいだなって思ったよ。『これは私の実力じゃない』みたいなね。」

妻:「そういえばなんだか似てるね。」

青:「チリ太郎は大丈夫かなぁ。『これは僕の実力じゃない』『これは僕の行く学校じゃない』なんて言わないかね。」

妻:「最初は思うかもしれないけど、通ってるうちに慣れると思うけどね。」

青:「免許の写真もそのうち慣れるよ。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする